意外と忘れがち!?はがき・年賀状の書き方やマナーをご紹介!

年賀状

メールやメッセージアプリでのやり取りが主流になっている現代ですが、はがきによるやり取りも完全に廃れたわけではありません。
はがきを書いて送るのはメールやメッセージに比べると手間がかかりますが、そのぶん受け取った相手の喜びや感謝もひとしおです。

特に日頃の感謝や何かのお礼を言う時は書面で伝えるのがマナーですので、はがきの正しい書き方を知っておいて損はないでしょう。

ここでは知っているようで知らないはがきの書き方や年賀状のマナーについてまとめてご紹介いたします。

日常で使うはがきの書き方

はがきは封書に比べると簡便ですし、コンビニなどでも気軽に入手できるので、普段何気なく使ってしまいがちです。
しかし、はがきの書き方にもルールやマナーが存在します。相手に対して失礼にならないよう、基本的な知識はしっかりおさえておきましょう。

目上の方には縦書きが基本だけどレイアウトやデザインで変えてもOK

はがきを書くにあたり、縦書きと横書きのどちらで書けばいいのか悩んだ事がある人も多いでしょう。 はがきは縦長ですし、日本語は本来縦書きなので、正式には縦書きするのが基本です。

ただ、はがきのレイアウトやデザインによっては横書きにした方が良い場合もあります。
たとえば通信面に写真をプリントし、メッセージを宛先面の空白に入れたい場合などは、縦書きより横書きの方が見やすくなります。
また、通信面のデザインやレイアウトが横書きの場合、宛名面も横書きにするのが基本です。

まだレイアウトやデザインが決まっていないのであれば、まずは通信面から書き始め、それに合わせて宛名面を縦書きにするか横書きにするか決めると良いでしょう。
ただし、横書きは縦書きに比べてカジュアルな印象を与えるので、目上の人やビジネス上のお付き合いがある方に宛てる場合は縦書きにするのが原則です。

縦書きはがきの場合は漢数字と空白に気をつける

はがきを縦書きする場合、宛名面では文字ひとつ分の余白を意識するのがポイントです。
具体的には、宛先の住所、名前の上に一文字分の空白を入れるとすっきりとして見やすくなります。
住所が二列にわたる場合は、二列目は一列目より一文字下がったところから書き始めましょう。

なお、番地や部屋番号などの数字は漢数字を利用します。
通信面でも、段落が変わるごとに一文字分の空白を入れるのが基本です。
また、「拝啓」などの頭語や「敬具」などの結語の後にも一文字分の余白を入れます。

横書きはがきの場合はバランスを見ながらスペースを作る

はがきを横書きにする場合も、余白の入れ方に注意を払いましょう。 宛名面では上から郵便番号、住所、宛名、差出人の住所、名前と続きますが、両端ぎりぎりまで文字を書くとバランスが悪くなってしまいます。
そのため、住所は左側に二文字分の余白を入れ、二行目は一行目の二文字目の位置を始点にして書き始めます。

宛名も住所の二文字目と同じ位置からスタートすると、住所と宛名のバランスが良くなります。
一方、右端は郵便番号の7桁目のマスからまっすぐ下に線をおろした状態をイメージし、その線からはみ出ないようにすると窮屈な印象を与えません。
なお、通信面については縦書きと同じように段落ごとに一文字分の余白を入れます。

年に一度の年賀状こそ書き方とマナーに気をつけておくべし

年賀状は、旧年中お世話になったことを感謝しつつ、新年の喜びと変わらぬお付き合いをお願いする大事なあいさつ状のひとつ。
こちらも徐々に下火になっている習慣ですが、そんな時代だからこそきちんとした年賀状をもらうと嬉しいという方は少なくありません。

特に目上の方には書面で年賀状を送るのがマナーですので、正しい書き方をマスターしましょう。

年賀状の構成は賀詞や感謝の言葉など全6ポイント

年賀状には定型があり、それに沿って書くのがルールとなっています。 具体的には以下6つの項目で構成されます。

*賀詞
*越年を喜ぶ言葉や日頃の感謝の言葉など
*今後の指導や親交への願い
*相手の健康・繁栄への祈り
*日付
*ひと言の添え書き

「謹賀新年」などの賀詞はやや大きめに書くのがポイントです。
2~4までは当たり障りのない定型文でOK。個人的に伝えておきたい事があるのなら、6の添え書きで簡潔に述べましょう。
日付は年号から書きますが、西暦でもかまいません。

年賀状を書く時に気を付けたいのは忌み言葉と句読点

年賀状を書くときに気を付けたいポイントは、忌み言葉や句読点を使わない事です。
忌み言葉で特に注意したいのは「去年」という言葉。「去」という字には「去る」「離れる」といったあまり良くないイメージがあるので、「去年」ではなく「旧年」や「昨年」を使用します。

また、句読点は使わず、改行や余白を用いるようにしましょう。

はがきを送る時は正しい書き方とマナーを守ろう

はがきは封書に比べると簡便ですが、メールやメッセージアプリなどに比べるとていねいで、受け取る側に誠実な印象を与える事ができます。

ただ、マナーや書き方を誤っていると逆に失礼になってしまうので、基本的なルールをしっかり守る事を意識して書くようにしましょう。