A4サイズってどのくらい?用紙の基準になった理由と使い方を詳しく解説!

書類やコピー用紙によく使われているサイズって、なぜA4サイズなのかご存じですか?

「A4って何センチ?」とか「どんな基準で決まっているかわからない」という疑問がある人も多いと思います。

いつも使っているけれど、なぜそうなっているか案外知らないものですよね。

そんな意外と知られていないA4の由来について、ご説明いたします。

便利な使い方についても合わせて紹介しますので、どうぞご一読ください。

A4のサイズとは?何センチ?210mm×297mm

A4サイズとは、日本でもっとも多用されている書類・コピー用紙の規格です。

長さは縦21cm×横29.7cm。

A4判もA4サイズと同じ長さです。判とは「判型」、つまりサイズの略であるため。

A4を含むA0~10までのサイズは、19世紀の物理学者オズワルドによって発明されたドイツの規格です。

この規格がどのような理由で採用されたのか、以下に説明していきます。

A4のサイズと他のサイズを比較

A4サイズとほかのAサイズを比較すると、以下の図のようになります。


A4のサイズと他のサイズを比較

A0サイズを半分に折って、さらに半分折る。

これを何度くり返しても、同様の形のままで面積が半分になっていくのがポイントです。

これは「縦:横=1:√2」の白銀比と呼ばれる比率となっており、何回折りたたんでもきれいな長方形になります。

裁断時のサイズ変化が少なく使い勝手もよいために、ISO216(国際規格)、JISP0138(日本工業規格)で規定されました。

A4のサイズが入る封筒の大きさは?郵送代の目安は?

A4サイズが入る封筒を以下にご紹介します。

種類 サイズ(横×縦) 重さ 入れ方 定型・定形外
角形2号(角2) 240mm×332mm 約15g そのまま入る 定形外
(規格内)
角形3号 216mm×277mm 約11g そのまま入る 定形外
(規格内)
角形4号 197mm×267mm 約9g そのまま入る 定形外
(規格内)
角形5号 190mm×240mm 約8g そのまま入る 定形外
(規格内)
角形6号 162mm×229mm 約7g 2つ折り 定形外
(規格内)
角形20号 229mm×324mm 約14g そのまま入る 定形外
(規格内)
長形2号 119mm×277mm 約5g 3つ折り 定形外
(規格内)
長形3号
(長3・洋長3)
120mm×235mm 約5g 3つ折り 定型内
長形6号 110mm×220mm 約6g 3つ折り 定型内
長形13号 105mm×235mm 約4g 4つ折り 定型内
長形14号 95mm×217mm 約3g 4つ折り 定型内
長形30号 92mm×235mm 約3g 4つ折り 定型内
長形40号 90mm×225mm 約4g 4つ折り 定型内

1.折らずにそのまま封筒に入れるとき

A4が入る封筒で、代表的なのは角形2号と長形3号。

A4がそのまま入る角形2号は、重さによって郵送代が変わる「定形外郵便」という扱いになります。

A4用紙1枚は約4gで、郵送代は用紙枚数と封筒を合わせた総重量で決定します。


A4のサイズが入る封筒の大きさは?郵送代の目安は?

重量ごとの料金は、以下のようになります。

重量 料金
50g以内 120円
100g以内 140円
150g以内 210円
250g以内 250円
500g以内 390円
1kg以内 580円
1kg超過 取り扱いなし

2.折りたたんで封筒に入れるとき

A4を折り曲げて入れる長形3号は、定型よりも割高な「定形内郵便」という扱いになるんです。

こちらも重さによって郵送代が変わります。


長形3号

重量ごとの料金は、以下のようになります。

重量 料金
50g以内 200円
100g以内 220円
150g以内 300円
250g以内 350円
500g以内 510円
1kg以内 710円
2kg以内 1,040円
4kg以内 1,350円

※注意
A4サイズの郵便を出すときは、80円切手だと切手代不足で返送されます。
せっかく送ったのに相手へ届かないのは困りますよね。

おすすめは120円切手を貼って、用紙を6~7枚にするとよいでしょう。
8枚以上になるときは140円切手を選ぶと、切手代不足の心配がありません。

A4サイズの用途は?

各サイズごとの用途は以下の通りです

A0:学習目的のポスターやCADの図面
A1:ポスターなどの大きな掲示物
A2:小さいポスターや壁掛けカレンダー
A3:選挙ポスター・図面・パンフレット・レストランのメニュー
A4:折込チラシ・各種文書はほぼこのサイズ        
A5:各種説明書など・納品書や発注書        
A6:小冊子・文庫本

重要な書類はA4が使われていることがわかります。

背景として1993年、厚生労働省より「各省庁で使われるすべての行政文書の規格をA4とする」という指針が示されました。

以来、さまざまな場面でA4サイズが使われるようになりました。

A4サイズの用途といわれても、すぐに思い浮かばなかったのではないでしょうか?

契約書・領収書・見積書・保険証やマイナンバーカードの申請書など、重要な書類はA4サイズがおすすめです。

A4サイズの縮尺率は?

縮尺率とは、サイズ変換をするときに元のサイズから何パーセント縮小・拡大すれば、変換できるかを決める値のこと。

A4からほかのAサイズへ変換するときの縮尺率を以下の表にまとめました。
データ入稿やチラシをポスターにするときに便利です。

サイズ 縮尺率 長さ A4との比較
A0 400.3% 841×1189mm A4の16倍のサイズ A0の1/1
A1 283.2% 594×841mm A4の8倍サイズ A0の1/2
A2 200.0% 420×594mm A4の4倍サイズ A0の1/4
A3 141.4% 297×420mm A4の2倍サイズ A0の1/8
A4 100.0% 210×297mm A4の1倍サイズ A0の1/16
A5 70.7% 148×210mm A4の1/2サイズ A0の1/32
A6 49.8% 105×148mm A4の1/4サイズ A0の1/64
A7 35.4% 74×105mm A4の1/6サイズ A0の1/128
A8 24.9% 52×74mm A4の1/8サイズ A0の1/256
A9 17.5% 37×52mm A4の1/16サイズ A0の1/512
A10 12.5% 26×37mm A4の1/32サイズ A0の1/1024

縮尺率の計算式は、「変換したいサイズの長さ÷原稿の長さ×100=コピー倍率(%)」
長辺同士、もしくは短辺同士で計算します。

使用する機種により、%の設定に違いがある場合がありますので注意してください。

A4サイズは目的用途に合わせて使い分けよう

ご覧いただきありがとうございました。

ビジネス文書の用紙サイズはA4が基本です。
ですが図面など大きいサイズで見たいときは、ほかのサイズを使うのがよいでしょう。

図面やポスターなど絵を見せたいときは、A3などの大きいサイズ。
文章を読ませたいときは、A4用紙を使用してみてはいかがでしょうか。