封筒への印刷を印刷会社に発注する料金や納期は?初心者さんの不安を解消!

封筒印刷って、印刷会社に頼むと料金や納期ってどれくらい?

印刷会社に頼まず、自分でやった方がいい?

初めて封筒への印刷を検討したとき、料金や納期など、わからないことだらけですよね。わたしもそうでした。

広告代理店で働いていたころ、お客様から封筒への印刷を依頼され、実際に手配をした経験があります。初めてのときは、いろいろと戸惑いました。

そんなわたしが、封筒に印刷するときの料金や、自分で印刷する際の注意点についてご説明していきます。

具体的には、

  • 封筒への印刷を印刷会社に頼んだ場合の料金
  • 封筒への印刷を印刷会社に頼んだ場合の納期
  • 封筒への印刷を自分で行う場合の準備する物と注意点
  • 封筒の大きさと種類

について、1つずつご説明していきます。


封筒への印刷を印刷会社に発注する料金や納期は?初心者さんの不安を解消!

封筒への印刷を印刷会社に頼んだ場合の料金はおよそ1枚6円

封筒への印刷を、印刷会社に頼んだ場合の料金は、平均1枚当たり6円(税込)です。

この金額は、1番人気のある長形3号サイズの既製の封筒に、黒色1色で印刷することを想定して、下記の条件で調べました。

封筒のサイズ 長形3号
紙の種類 白色ケント紙
窓の有無 無し
郵便番号枠の有無 無し
印刷 片面/モノクロ1色
印刷枚数 1,000枚
出荷日 5営業日
平均価格 6,000円
1枚当たりの平均価格 6円

印刷会社に依頼するには、

  • 封筒のサイズ
  • 封筒の紙の種類
  • 封筒の窓が有りか無し
  • 郵便番号枠の有りか無し
  • 印刷する色の数と色
  • 注文する印刷枚数
  • 希望納期

の選択が必要です。

封筒は印刷会社で用意してくれます。送料は、ほとんどの印刷会社が、料金に含むか無料でした。

さらに料金を安くしたいなら、

  • 封筒を安価な茶色のクラフト紙にする。
  • 印刷枚数を増やす
  • 納期を長く見積る

などをします。

逆に、料金が高くなるのは、

  • 中身が透けないように加工した封筒
  • 特殊な紙の封筒
  • 多色による印刷

などのことをした場合です。

封筒への印刷を印刷会社に頼んだ場合の納期は5営業日

封筒への印刷を、印刷会社に頼んだ場合の納期は、5営業日ほど。

これは、発注する時に納期の設定を「3営業日」にした場合です。配送状況を考えて、さらに2日ほど加えました。

ちなみに「納期」は、印刷会社から印刷物が発送される日で、印刷物が到着する日ではありません。 納期の設定は、印刷会社によって、最短で当日。最長で5営業日でした。納期が短くなると高くなるので、予算との兼ね合いから、ひとまず3営業日で計算しました。もちろん納期に余裕があれば、長く設定すると安くなります。

ただし、レイアウトから印刷会社に発注した場合は、もっと長くなります。発注日=印刷開始日(データ入稿日)として計算しています。 また、「営業日」というのは、印刷会社がお休みする日(土・日・祝日など)をのぞいた日数で計算します。間にお休みが入ると、実際の日数は延びます。 つまり、ある月の1日に発注して、4日が土曜日、5日が日曜日、8日が祝日だとすると、

1日に発注

  • 1営業日→2日に発送
  • 2営業日→3日に発送
  • 4日(土)休み
  • 5日(日)休み
  • 3営業日→6日に発送
  • 4営業日→7日に発送
  • 8日(祝)休み
  • 5営業日→9日に発送

ということになります。(印刷会社によっては、発注当日が1営業日になる場合もあります)

この納期の目安を図にしましたので、参考にしてください。

納期の目安

納期の計算は、「必要な日はいつか」から、「発注しないといけない日はいつか」を考えてみてください。

封筒への印刷を自分で行う場合

封筒への印刷を自分で行おうと思っていらっしゃる方は、

  • あらかじめ準備する物は何?
  • 印刷会社と比較した場合の注意点はある?

と、思っていらっしゃうかもしれません。

それでは、それぞれについて、詳しくご説明していきます。

準備する物

封筒への印刷を自分で行う場合に、準備する物は、

  • 原稿
  • 封筒
  • インク

です。

原稿は文章作成ソフトのWord(ワード)でも作成できます。Excel(エクセル)で住所録を管理していれば、「差し込み文書」を利用して宛名を流し込むこともできます。

もちろん、Adobe Illustrator(アドビ イラストレーター)などの、グラフィックソフトでも作成できます。

封筒にかかる料金は、

  • 長形3号
  • 白ケント紙
  • 窓無しの封筒
  • 100枚入り

の条件で、およそ500円。1枚当たり5円ほどです。

インクは、印刷している途中で切れてしまうこともあるので、予備を購入しておくと安心です。

印刷会社と比較した場合の注意点

印刷会社に依頼した場合と、自分で印刷を行った場合を比較しての注意点は、3つあります。

  1. 原稿を自分で作らなくてはいけない
  2. 印刷会社の料金が1枚10円以下なら印刷会社が安い
  3. 人件費がかかる

です。 1つずつご説明していきます。

1.原稿を自分で作らなくてはいけない

封筒への印刷を、自分で行う場合は、原稿も自分で作らなくてはいけません。文字のバランスなど、慣れていないと意外と難しいもの。

印刷会社では、オリジナルでデザインもしてくれますが、デザイン料がかからないテンプレートもあります。

社名や住所、電話番号を登録すれば、美しく配置されたデザインで簡単に出来上がります。

お気に入りをセレクトするだけで、簡単に出来上がりです。

2.印刷会社の料金が1枚10円以下なら印刷会社が安い

封筒への印刷を、自分で行った場合、コピー機か、家庭用インクジェットプリンターでの印刷になるかと思います。

モノクロ印刷のコストは、コピー機であれば、電気代とトナー(インク)代を含めて、1枚あたり3円ほど。家庭用インクジェットプリンターの場合は、インク代だけで1枚あたり4~5円ほどかかります。

それに、用意した封筒の料金を加えて計算しました。(先ほどの封筒であれば、1枚5円でした)

封筒への印刷を、家庭用インクジェットプリンターで行った場合 インク代5円+封筒5円=1枚あたり10円 (ただし、電気代を含みません) になります。

印刷会社の料金が、1枚当たり10円より安いのであれば、印刷会社にお願いした方が良さそうですね。

3.人件費がかかる

封筒への印刷を自分で行った場合、人件費を忘れがちです。

コピー機も、家庭用プリンターも、1枚1枚手差しで印刷する必要があるため、その作業につきっきりになります。

印刷会社の料金は、印刷代と封筒代、さらに人件費も含んでいます。

封筒の大きさと種類を覚えておこう

A4サイズの用紙が、折らずに入るのは「角形2号」の封筒。A4サイズの用紙が、3つ折りして入るのは「長形3号」の封筒です。

ビジネスシーンでよく使われているのは、この2つの封筒です。特に長形3号は、家庭でもよく使われるサイズです。

封筒には、

  • 長形(なががた)封筒
  • 角形(かくがた)封筒
  • 洋形(ようがた)封筒

の、3つの規格があります。

長形封筒と角形封筒はあわせて「和封筒」と、よばれることもあります。

また、郵送する際のサイズ区分には、

  • 定型
  • 定形外

があります。

「定形」とは、日本郵便が定める「定形郵便物」の条件を満たしていて、84円切手(94円切手)を貼れば、郵送できる封筒をいいます。それ以外は「定形外」となります。

郵便物の詳細については、日本郵便の公式サイトで確認してください。 https://www.post.japanpost.jp/service/standard/index.html

それでは、封筒の3つのサイズについて表にしましたので、参考にしてください。

封筒の大きさ一覧

封筒には

  • 長形封筒
  • 角形封筒
  • 洋形封筒

の、3つの規格があります。その規格ごとに、サイズと用途を一覧にしたので、参考にしてください。

長形(なががた)封筒

名称 サイズ(mm) 区分 入る紙のサイズ 主な使用用途
長形1号(長1) 142×332 定形外 B4 横3つ折り
A4 縦2つ折り
A4 横3つ折り
CDジャケット・写真2L判
長形2号(長2) 119×277 定形外 A4 横3つ折り
B5 縦2つ折り
はがき
長形3号(長3) 120×235 定形 A4 横3つ折り 各種伝票・書類
ビジネスや家庭で最も使用される封筒
長形4号(長4) 90×205 定形 B5 横3つ折り
B5 横4つ折り
L判写真
長形40号(長40) 90×225 定形 A4 横4つ折り 紙幣や名刺
長形30号(長30) 90×235 定形 A5 縦2つ折り B5 横3つ折り
名刺や証明写真など

角形(かくがた)封筒

名称 サイズ(mm) 区分 入る紙のサイズ 主な使用用途
角形0号(角0) 287×382 定形外 B4 そのまま(余裕あり) 書類(数量多め)
角形1号(角1) 270×382 定形外 B4 そのまま レントゲンフィルム
角形2号(角2) 240×332 定形外 A4 そのまま(余裕あり) 書籍・雑誌(数量多め)
角形3号(角3) 216×277 定形外 B5 そのまま(余裕あり) 書籍・雑誌
角形4号(角4) 197×267 定形外 B5 そのまま ノート
角形5号(角5) 190×240 定形外 A5 そのまま(余裕あり) 伝票(数量多め)
角形6号(角6) 162×229 定形外 A5 そのまま 伝票・小冊子
角形7号(角7) 142×205 定形外 B6 そのまま はがき
角形8号(角8) 119×197 定形 B5 横3つ折り 紙幣・月謝袋など

洋形(ようがた)封筒

名称 サイズ(mm) 区分 入る紙のサイズ 主な使用用途
洋形0号(洋長3) 235×120 定形 A4 横3つ折り 書類
洋形1号(洋1) 176×120 定形 A5 縦2つ折り 結婚式の招待状
洋形2号(洋2) 162×114 定形 A5 縦2つ折り はがき・一般的な手紙
洋形3号(洋3) 148×98 定形 B5 十字に2つ折り はがき・カード
洋形4号(洋4) 235×105 定形 A4 横3つ折り 書類
洋形5号(洋5) 217×95 定形 A5 縦2つ折り 挨拶状・招待状
洋形6号(洋6) 190×98 定形 B5 横3つ折り チラシ・フライヤー
洋形7号(洋7) 165×92 定形 A5 横3つ折り 紙幣
洋形長3号(洋長3) 235×120 定形 A4 縦3つ折り DM
洋形長4号(洋長4) 205×90 定形 B5 縦3つ折り 写真L判

まとめ:封筒の印刷はプロにお任せするのが効率的

封筒への印刷を、印刷会社に頼んだ場合の料金は、平均1枚当たり6円(税込)です。

これは、1番人気のある「長形3号」の封筒に、「黒色1色」で印刷することを想定して計算しました。

ほとんどの印刷会社が、この料金に封筒代を含んでいて、送料は含んでいるか無料でした。

封筒への印刷を、印刷会社に頼んだ場合の納期は5営業日ほど。これは、時間と価格から妥当と思われる「3営業日」に、配送にかかる2日ほどを加えて計算しました。

納期とは印刷会社からの発送日です。間に土日や祝日、店休日などが入ると日数が伸びます。そのため、封筒への印刷を印刷会社に発注するときの納期には、余裕を持つことをおすすめします。

封筒への印刷を自分で行う場合は、「原稿」「封筒」「インク」が必要になります。この原稿は、自分で作ります。慣れないと難しいものです。

封筒1枚あたりにかかる料金を比べると、印刷会社の料金が、1枚当たり10円より安いのであれば、印刷会社にお願いした方が良さそうです。

また、忘れがちですが、印刷を自分で行った場合は、自分の人件費もかかっています。

封筒への印刷を、印刷会社に依頼すると料金が高そうですが、そこには「原稿料」「インク代」「封筒代」「電気代」「人件費」がすべて含まれています。

封筒サイズに悩んだり、デザインに悩んだりしても、気楽に相談もできますよ。封筒への印刷は、プロにお任せするのが効率的です。