ノベルティが販促に効果的な理由とは?欲しくなるグッズをシーン別に紹介

ノベルティって、なんで販促に効果的なの?
どんなノベルティなら、欲しくなるの?

という疑問を、もったことはありませんか?

この記事では、ノベルティによる販促活動について説明していきます。
人気のあるノベルティの特徴についても、5分ほどで読めるようにまとめましたので、どうぞご覧ください。


ノベルティが販促に効果的な理由とは?欲しくなるグッズをシーン別に紹介

そもそもノベルティとは?

ノベルティとは、無料配布されている企業名などが入ったグッズのことです。

目的は、会社商品の販売促進。
企業名やブランド名、商品名などを印象付けるために無料で配布します。

ティッシュやタオル、ボールペンなど、一度はもらったことがあるのではないでしょうか?

高級ブランドでは、一般販売されないような、ちょっと変わったものを無料配布することも多いです。

ノベルティと混同されがちなのが、プレミアム。
ノベルティは、商品を購入していなくても無料で配布されるもの。
プレミアムは、商品を購入した人に贈られる特典品。というちがいがあります。

ノベルティが販促に効果的な理由

なぜ無料配布されるものが、販促に有利なのでしょう?

理由は、大きく分けて2つあります。

  • お得感がある
  • 限定性がある

それぞれの理由を、以下で説明していきます。

お得感がある

ノベルティーはもらえるとお得感があります。

「ノベルティでボールペンをもらって嬉しかった」という経験は一度はあるのではないでしょうか?

限定性がある

ノベルティには、正規品だけど普段は手に入らないめずらしいもの、限定生産されたもの。という特徴があります。

「限定」という言葉がつくと、「じゃあ買っておこうか」という気持ちになったことはありませんか?

日本人が、「限定」という言葉に弱いのは有名ですね。
限定品というだけで、関心を引くことができるのです。

販売促進に役立つノベルティの選び方

人気のあるノベルティと、そうでないもののちがいを以下にまとめました。

人気のあるノベルティ 人気のないノベルティ
実用性があって数回使える 1回使っただけで使えなくなるもの
シャンプーや化粧品などの試供品 ボールペンなど既に持ってるものや使わないもの
軽くて配りやすい 大きすぎるバックやポーチ
不快にさせない 作りが安っぽかったり、デザイン性の薄いもの
印象的なデザインや色で記憶に残りやすい 企業名や宣伝文が目立ちすぎるもの

販売促進に役立つノベルティは、宣伝したい商品にちなんだものにするのがポイントです。

たとえばコーヒーショップだったらフィルター、お茶のメーカーなら緑や黄色など商品にちなんだ色にするなど。
社名や商品名は控えめにして、カラーリングやクオリティでアピールするのがおすすめです。

使うたびに企業や商品名を、思い出してもらえるというメリットがあります。

欲しくなるノベルティをシーン別に紹介

ノベルティは、だれへどのように配るのかが大事です。
闇雲に配っても、受け取ってもらえません。

たとえば社名や商品名が大きいと、ビジネスでは使いづらいです。
しかし、家庭やプライベートでの使用なら問題はありません。

このように、ターゲットや利用シーンを考えるのが重要になるのです。

ここからは、利用シーンごとのノベルティを紹介していきます。

ビジネスシーンで役立つアイテム

ビジネスで役立つノベルティは、以下のようなものがあります。

  • ポケットティッシュ
  • 蛍光ペン
  • 卓上カレンダー
  • クリアファイル
  • 付箋シール

主に、筆記用具類が多い傾向です。
ビジネスマンは、スケジュール帳をはじめとして、書類や図面に書きこむことが多いからでしょう。実用性の高いものが、選ばれる傾向があります。

プライベートで使える日用品や消耗品

プライベートで使えるノベルティは、以下のものが挙げられます。

  • マグカップ
  • キーホルダー
  • エコバック
  • マグネット
  • メモ帳

プライベート用のノベルティは、見た目や実用性が重視されます。
見ていて満足できるデザイン・凝った作りなどの、「所有するうれしさ」も求められているようです。オシャレなマグカップなら、ノベルティとはいえ、嬉しいものです。

あとは、エコバックやマグネットなど実用性も大切ですね。

季節やイベントに応じた物

季節やイベントに応じたノベルティは、その期間中にだれもが欲しがるものが多いので、印象に残りやすいようです。

夏は、丸団扇・ウエットティッシュ・塩飴など。
冬は、オリジナルラベルマスク・ミニカイロ・カレンダーなどが人気です。

特にイベント用のノベルティは、デザインセンスのよいものであれば、販促として強い影響力が期待できます。

まとめ:喜んでもらえるノベルティで販促に役立てよう!

喜ばれるノベルティの共通点は、自社製品や企業と関連性を持たせながら、デザインやクオリティにも気を配ること。

クオリティの低いものは、もらってもすぐ捨てられてしまいます。それでは意味がありません。

ポイントは、値段とクオリティのバランスを取ること。
ノベルティ作成を、業者に依頼するのもよいですね。

大勢に喜んでもらえるノベルティで、販促に役立てましょう。