コート紙ってどんな紙?特徴から用途、他の用紙との違いなども詳しく説明!

街中で配られているチラシや雑誌など、表面に光沢がある紙を見かけることは多いかと思います。

それらは主にコート紙と呼ばれる紙が使われています。

ではそのコート紙はどのような紙なのか。

この記事ではコート紙の特徴や用途、他の印刷用紙との違いなどを紹介しているので、自分が求めている印刷に合った用紙を選ぶ参考にしてみてください。

コート紙とは?特徴は?安価な印刷紙

コート紙は一般的な広告チラシなどに多く使われている、表面がツルツルとしていて光沢のある印刷用紙です。

紙表面をコート剤でコーティングし、普通紙よりも滑らかさと光沢感を高めた紙の総称がコート紙です。

コート紙の特徴としては、以下のとおりです。

・紙表面が滑らかなためインキのノリがよく、写真や色の再現性に優れている
・紙自体に光沢、ツヤがあるため印象が良い
・インクの乾きが早く、印刷の時間が短い

またコート紙は比較的安価で、コーティングされる前の上質紙とほぼ同じ価格で販売されています。

コート紙の原料は?

コート紙は上・中質紙を原紙として、20g/㎡~40g/㎡の塗料を紙面上にコーティング加工した印刷用紙です。

塗料はクレー(白土)などの白色顔料と、でんぷんなどの接着剤を混合して作られます。

コート紙と他の印刷用紙の違い

印刷用紙には用途によって、様々な特徴を持った紙が使われています。

コート紙と他の印刷用紙の違いについてみていきましょう。

コート紙と上質紙の違い

上質紙は紙表面上の表裏ともに白色顔料などのコーティングがされていない紙のことをいいます。

そのため紙表面に凸凹があり、インキが紙に沈みやすく、コート紙に比べると色のインキの発色が鮮やかではありません。

価格はコート紙よりも安価なこともあり、オフィスなどで使うノートやコピー用紙などに使われています。

コート紙はこの上質紙の上に白色顔料をコーティングした光沢のある紙です。

コート紙とマット紙の違い

マット紙は紙面上をつや消しコーティングした印刷用紙で、コート紙とは反対に光沢を抑え、サラっとした手触りが特徴です。

マット紙は写真や文字の発色のバランスがよく、ツヤがないため落ち着いた印象のある上品な仕上がりになります。

コート紙は反対にツヤのある光沢がでるキャストコーティングをした用紙なため、写真やイラストが多い印刷物の場合はコート紙、文字と写真のバランスをよく見せたい時はマット紙が適しています。

コート紙と光沢紙の違い

光沢紙はその名のとおり、紙表面に光沢があり、インクジェットプリンターでの印刷に向いている紙です。

主に写真印刷のために利用され、家庭用のプリンターで写真印刷用の紙として多く使われています。

光沢のある紙という部分ではコート紙と似ていますが、コート紙はインクジェットプリンターでの印刷には適していません。

プリンターの熱が紙表面上のコート剤に作用し、気泡を生じさせる恐れがあるためです。

コート紙と普通紙の違い

普通紙はコート紙などとは違い、紙表面上に何も加工していない紙のことを言います。

印刷用紙はコーティング加工などをした「加工紙」と、何も加工していない「非加工紙」に分けられ、普通紙は「非加工紙」にあたります。

印刷品質自体はそれ程高くはなく、文字の印刷には適していますが、画像の印刷などには適していません。

しかし価格が安価なため、印刷用紙としてのシェア率は高く、オフィスなどで使用されるコピー用紙は普通紙が多くを占めています。

コート紙の厚さは?

紙の種類は多種多様ですが、それぞれ紙の厚さも用途によって様々用意されています。

コート紙の厚さは主に以下のものがあります。
ぜひ参考にしてみてください。


コート紙の厚さは?

コート紙の用途は?

コート紙は色の再現性の高さからフルカラーで画像をきれいに見せたい印刷物に使われることが多い印刷用紙です。

表面がツルツルしていてフルカラーの紙を想像すると、スーパーのチラシや郵便受けに入っているデリバリーのチラシなどがコート紙に当たります。

またタレントの写真集、週刊誌やファッション雑誌などの表紙にもコート紙が利用されています。

コート紙の注意点

コート紙は比較的安価で、色の再現性もよく、乾きやすいなどメリットの多い印刷用紙ですが、使用するにあたっては注意点もあります。

紙表面上をコーティングしているコート剤により、紙面が平滑なため鉛筆やボールペンでの加筆やスタンプを押すには向いていません。

また表面のコート剤にインキが定着しづらい場合があり、レーザープリンターやインクジェットプリンターでの印刷にも適していないため、使用には注意が必要です。

コート紙を使って印刷をしよう

コート紙は他の印刷用紙と比べて、画像の印刷に適している紙であることが分かったと思います。

比較的価格も安価で、インクが乾くのも早いコート紙はとても使いやすい印刷用紙です。

ぜひコート紙を使って、光沢があり見映えが良い印刷物を作ってみてください。