フォントによって印象がぜんぜん違う!?フォントの特徴を理解しよう!

フォントの特徴を知ろう

フォントにはそれぞれ印象があるので、使用するシーンや作成する書類によって変える必要があります。
フォントを変えるだけで、内容の奥行きやインパクト、誠実さや正確性などまでが変わってくるのです。

適したフォントを選ぶためには、フォントの種類と特徴をしっかり理解しておかなくてはいけません。
ここでは、フォントの特徴をご紹介するので、文書作成の際のフォント選びに役立ててください。

よく使われている「ゴシック体」「明朝体」の印象

日本語のフォントでもっとも良く使われているのが、ゴシック体と明朝体です。
どちらも同じ日本語フォントですが、太さや書体などの特徴が異なります。

【ゴシック体】線の太さが均一で視認性が高い書体

もっともシンプルなフォントの一種であるゴシック体は、縦画と横画の太さが均一になっており、起筆にも終筆点にもほとんど飾りがないデザインが特徴です。小さい文字であっても視認性が高く、どんな人でも読みやすい書体と言われています。

ゴシック体が与える印象は「統一感」

ゴシック体は、文字自体に動きが少ないので、パッと見に統一感のある印象を与えます。
また、文字の太さによっても印象が変わります。
文字フォントが太くなるほど、安定感や力強い印象になりますが、細くなるとゴシック体の丸みを帯びた柔らかい印象になるので、優しく親近感を感じられます。

【明朝体】縦線より横線が細くスッキリと見える書体

明朝体は、筆で書いたような文字が特徴で、文字の太さに強弱があるところも特徴です。始筆にはウロコという飾りがあり、縦線よりも横線が細くなっているので、文章をスッキリとさせる効果があります。新聞でも使用されている書体です。

明朝体が与える印象は「厳粛」「上品」

漢字の楷書がベースになっている明朝体は、厳粛な印象を与えるフォントです。
また、和のイメージも強いため、日本古来の伝統美や高級感、上品さも感じられるフォントです。
文字フォントが大きいと威厳や高貴な印象も与えます。

「PowerPoint」「Word」ではこのフォント!選び方を紹介

フォントの選び方の基本は、自分が伝えたい情報や意図に合っているかどうかです。文書の種類によっても適したフォントは異なります。
以下で実務においてよく用いられる、マイクロソフトの「PowerPoint」「Word」それぞれに適したフォントについて解説します。

【PowerPoint】遠目から見やすいことがポイント

PowerPointは文字や写真、グラフやデータなどが入ったプレゼンテーション資料が手軽に作成できるソフトです。

日本語の場合「メイリオ」が最適

日本語で作成する場合に適しているフォントはメイリオです。
PowerPointは改まったシーンで用いられることが多いため、明朝体が適しているのではと考える方もいるかもしれませんが、明朝体は文字の太さの強弱があるので遠目からは見づらいことがあり、資料向きのフォントではありません。メイリオはやや横幅が広く、文字は大きめ、太さが均等であるのでベストです。

英語の場合「Segoe UI」がおすすめ

文章が日本語だけの場合は文字間隔が一定となる和文フォントが読みやすいのですが、和文フォントで英語を記載すると英語部分の文字間隔が詰まって読みにくくなってしまいます。
英語が多く入ってくる場合には「Segoe UI」がおすすめです。英語に適した広めの文字間隔になるので、遠目から見ても読みやすくなります。

【Word】単調にならず長文でも読みやすいことがポイント

お知らせやマニュアル、契約書など文章作成に使うWordは、文字入力に特化したソフトです。

日本語の場合「明朝体」がベスト

日本語文書を作成する場合、単調にならないようにメリハリが重要です。
すべてが同じ太さとなるようなフォントでは単調で内容が伝わりにくくなるため、文章は明朝体がベストです。フォーマルな印象にもなりますし、長い文章でも読みやすくなります。

英語の場合「Times New Roman」「calibri」がおすすめ

Wordで英文を作成する場合は、太さにメリハリがあり装飾的な書体であるTimes New Roman、もしくは比較的線が細く読みやすいcalibriがおすすめです。
最新のWordのデフォルトはcenturyフォントに設定されていることが多いのですが、海外ではこのフォントは古い書体となるため、Times New Romanやcalibriに変更しましょう。

フォントを上手に使いこなして印象アップ!

フォントは種類によって印象が変わりますが、同じ種類であっても太さや大きさによって見る人の印象が違ってきます。
逆に言えば、自分が与えたい印象をフォントによって表すことができるのが、フォントの最大の特徴であり魅力となっています。

誠実さを出したいのかカジュアル感を出したいのか、真面目な話なのか砕けた話なのか、内容に合わせてフォントを選べば、その意図を文字の印象から受け取ってもらえます。

特徴さえつかめばフォント選びも難しくありませんから、文章の内容やイメージにあったフォントを上手に使いこなしましょう。