ポスター作成は基本とコツを守るべし!ポスター作成の5つのポイント

ポスター作成のコツとポイント

実際に手に取らなければ情報が入ってこないチラシやパンフレットなどに対し、一目見るだけである程度の情報を与えられるのがポスターのメリットです。
ただ、通りすがりの人の目を惹きつけるためには、より魅力的なポスターを作成する必要があります。

ここでは宣伝効果を高めるために必要なポスター作成の基本とコツをそれぞれ5つずつ紹介します。

これだけはおさえておきたい!ポスター作成の基本5つ

基本1.目的や意図を伝える

ポスターの一番の目的は、見る人に制作者の意図や目的を正しく伝える事です。
ご当地グルメのイベント開催を伝えるポスターなら、その土地ならではのグルメを味わえるイベントであることを第一に伝えなければなりません。

他の情報をあれもこれもと詰め込みすぎると何を伝えたいのかがぼやけてしまい、見る人の記憶に残らなくなってしまうので注意が必要です。

基本2.ターゲットを絞る

何に興味・関心を持つかは人それぞれ。多くの人に見てもらうための工夫は必要ですが、万人受けするポスターよりも、ターゲットを絞ったレイアウトやデザインにした方が特定の人々の目を惹きやすくなります。

たとえば病院や保険関連のポスターなら清潔感を重視したデザインにするなど。ターゲットをひとつに絞るとレイアウトやデザインの方向性も決めやすくなります。

基本3.タイトルを目立たせる

ポスターはぱっと見た瞬間に人を惹きつけないと意味がありませんので、タイトルはなるべく大きく、目立つように載せるのが基本です。
10周年記念イベントであれば、「10」の数字を前面に打ち出し、特別感を演出するとインパクトを与える事ができます。

基本4.イメージに合わせた配色を行う

人は何かを見た時、まず色が目に入り、次いで物や文字などを認識するようになります。そのため、ポスターの配色は非常に重要な要素のひとつなのです。
たくさんの色を使えば派手で目立ちやすいポスターを作成できますが、伝えたい事のイメージにそぐわないと見る人に不快感を与えてしまう可能性があります。

まずは伝えたい事や目的を頭の中で想像し、そのイメージに合った配色を心掛ける事が大切です。

基本5.ジャンプ率を意識する

ジャンプ率とは、イラストや文字の大きさの比率を示す言葉です。イラストや文字のサイズ比率が大きいものほどジャンプ率が高く、コントラストがはっきりして躍動感をもたらします。

ジャンプ率の低いポスターはインパクトこそ少ないものの、淡々として読みやすいため、多くの情報を載せたい時に向いています。ポスターの趣旨に合わせてジャンプ率を調整するのがポイントです。

人目を惹きつけるポスターを作成するためのポイント5つ

ポイント1.レイアウトのルールを守る

レイアウトは「そろえる」「まとめる」「余白をとる」の3つをおさえるのがポイントと言われています。
文章は読みやすく左そろえにする。情報はひとつにまとめて読みやすくする。適度な余白をとってすっきりしたデザインに仕上げるなど。これらを守るだけで、初心者でも魅力的なデザインに仕上げる事が可能です。

ポイント2.目の動きに配慮する

人の視線は、横書きの場合は左上から右下へ、左右ジグザグに読んでいく「Zパターン」で、縦書きの場合は右上から左下へ、上下に読んでいく「Nパターン」で動くと言われています。

この法則をもとに、より訴えたい情報は上または右に置いたり、字の流れを目線の動きに合わせたりすると見る人に内容を理解してもらいやすくなります。

ポイント3.写真は鮮明なものを選ぶ

ポスターに写真を挿入する場合は、くっきりと鮮明に写ったものを採用するのがポイント。
どんなにきれいなデザインを採用していても、写真がぼやけていると調和が乱れ、ちぐはぐな印象を与えてしまうので注意が必要です。

ポイント4.アクセントカラーを取り入れる

同じような色や基調でまとめると統一感が出る一方、単調で面白みのないポスターになってしまいます。
そんな時はアクセントカラーと呼ばれる差し色を入れるのがおすすめ。あえてベースカラーと正反対の色を組み込むと、メリハリのあるデザインになります。

ポイント5.シンメトリーを意識したデザインにする

ポスターはチラシやパンフレットに比べると面積が大きいので、あちこちに情報をばらまくと視線が迷子になり、見る人を疲れさせてしまいます。

そこで活用したいのが中央に軸を置いて左右対称に文字や画像を展開するシンメトリーのテクニック。
全体的にまとまりがあり、かつ伝えたい情報が中央に集まっているので、見ている人に心地よさや安定感をもたらします。

基本とコツをおさえれば初心者でも魅力的なポスターを作れる

初めてポスターを作成する場合、どのようにデザインすればいいのか迷ってしまうところですが、基本とコツをおさえておけばおおよそのレイアウトやコンセプトが見えてきます。

まずは基本をしっかり理解し、だいたいの枠組みが決まってからちょっとした工夫を採り入れていくと、初心者でも人目を惹く魅力的なポスターを作る事ができるでしょう。