オフセット印刷とは?特徴・メリット・インクジェット印刷との違いを解説

名刺やポスター、同人誌など大量の印刷物を制作したい人や制作したことがある人は「オフセット印刷」という言葉を目にすると思います。

この記事では、きれいな仕上がりを実現しつつ大量印刷に向いているオフセット印刷について解説していきます。

オフセット印刷とは?わかりやく解説


オフセット印刷とは?わかりやく解説

オフセット印刷とは、教科書やポスター、会社のパンフレットなど大量にきれいな印刷物を印刷することに用いられる印刷手法のことです。

オフセットと呼ばれているのは、「離して(OFF)つける(SET)」という意味から来ています。

特徴的なのが、平板と呼ばれる原本イメージが印字されたアルミ板から、ゴム製で出来たブランケットと呼ばれる転写ローラーに一旦移し(OFF)、ブランケットから紙に転写(SET)される印刷工程です。

また、4種類のインク(シアン・マゼンタ・イエロー・ブラック)を用いて、1枚の紙に刷り重ねていくことで最終的な色を再現します。

オフセット印刷の歴史は?

大量にきれいな仕上がりのオフセット印刷ですが、誕生からすでに200年以上経っています。

1796年に、オフセット印刷の基本原理である「水」と「油」の反発を利用した石板印刷が発明され、1853年にイギリスでオフセット印刷の特許が取得されました。

1904年には、アメリカで紙へ印刷できるオフセット印刷機が開発され、1900年頃に日本にも外国製のオフセット印刷機が次々と伝えられたのです。

ハマダ印刷機械の浜田初次郎がアメリカのポッター社の印刷機をもとに日本で初めてのオフセット印刷機を開発しました。

第二次世界大戦後には、紙以外の材質のものにも印刷できるように技術が発展し、2020年になった今でもポスターや教科書、名刺など多くの印刷物で使われているのです。

オフセット印刷の特徴やメリット

次に、オフセット印刷の特徴とメリットを解説します。

すでに説明していますが。オフセット印刷の最大の特徴は、大量にきれいな印刷物を印刷できる点です。

また、一度平板を作ってしまえば、繰り返し刷ることが可能で、その速度は非常に早い為、コストを抑えることができます。

オフセット印刷の特徴とメリット

  • 大量印刷に向いており、コストを抑えられる
  • 版を使っており、同じ画を大量に印刷するのに向いている
  • ポスターをはじめとする大きなサイズに対応できる
  • 使用可能な紙の種類が豊富
  • 写真やイラストなど、細かい描写の印刷を表現できる
  • 顔料油性インクと呼ばれる固着性の高いインクを使用するため仕上がりがきれい

オフセット印刷の注意点やデメリット

続いて、オフセット印刷の注意点やデメリットについて解説していきます。

オフセット印刷で注意したいのが、最初の発注から納品までは時間がかかりがちな点です。なぜなら、平板を制作する時間がかかるためです。

また、小ロットの印刷や内容が微妙に異なる印刷には向かない手法なので、印刷物が少ない場合は違う印刷方法を試した方がよいでしょう。

オフセット注意点やデメリット

  • 版を制作する必要があるため、小ロット発注には不向き
  • 製版に時間を要するため、納期は長くなる可能性がある
  • 内容が微妙に異なるものを印刷するには不向き

オフセット印刷と他の印刷の違い

次に、オフセット印刷が他の印刷手法とどのように違うのかをわかりやすく解説していきます。

オフセット印刷とオンデマンド印刷の違い

オフセット印刷とオンデマンド印刷の違いは、オフセット印刷が大量の印刷物をきれいに印刷できる手法に対し、オンデマンドは少量の印刷物をある程度の品質で印刷できる手法です。

・オフセット印刷  :大量の印刷物をきれいに印刷できるが、少量印刷には不向き
・オンデマンド印刷 :種類の異なる少量の印刷物を印刷できるが、大量印刷だとコストが高い

オンデマンド印刷は、「on-demand(要求に応じて)」という言葉が付けられている通り、1枚からでもその要求に応じて印刷できます。一般家庭やオフィスで使用される印刷機は基本的にオンデマンド印刷です。

異なる種類を少しずつ印刷したいという要望に答えているオンデマンド印刷ですから、オフセット印刷に比べ仕上がりの品質は下がりますが、一枚単位で印刷できるのがオフセット印刷との違いです。

オフセット印刷とインクジェット印刷の違い

オフセット印刷とインクジェット印刷の違いは、オフセット印刷が平板やブランケット(ゴム)を使うのに対し、インクジェット印刷は、粒子化したインクを紙に直接噴きつけて印刷します。

その為、インクジェット印刷は一枚からでも印刷することが可能で、一般家庭やオフィスの印刷機で一般的に用いられる印刷方法の一つです。

一方で、インクジェット印刷は印刷速度が遅い為、大量に印刷したい場合はオフセット印刷が向いていますが、もし少ない枚数のポスターなどを印刷したい場合はインクジェット印刷のがよいでしょう。

オフセット印刷の用途

オフセット印刷の用途としては、きれいな仕上がりを実現しつつ大量印刷に向いていることから、細かな文字や描写のあるイラストやポスター、写真などの印刷に最適です。

その為、販促物である商品カタログやポスター、DM印刷物、そして雑誌や同人誌、教科書などを印刷するのにおすすめです。

また、大量印刷ならコストを抑えられるので、まとめて発注するとより便利に活用できます。