オンデマンド印刷とは?注文印刷の特徴とメリット、デメリットを徹底解説

印刷物を制作する際に、よく目にするオンデマンド印刷ですが、「オンデマンド印刷って一体なに?」という人も多いと思います。この記事では、オンデマンド印刷の特徴やメリット、活用したい場面などをまとめています。

印刷物を発注する機会のある人やデザイナーの人は参考になさってみてください。

オンデマンド印刷とは?必要な分だけ印刷する注文印刷

オンデマンド印刷とは?必要な分だけ印刷する注文印刷

オンデマンド印刷とは、「on-demand(要求に応じて)」という言葉がもとになっている印刷手法で、必要なときに必要な枚数を印刷できる特徴を持っています。いわゆる注文印刷です。

データさえあれば印刷が可能ですので、街角の印刷サービスやコンビニ、家庭、オフィスのプリンタは全てオンデマンド印刷と言えます。

レーザーを使用するトナー方式やインクを直接吹き付けるインクジェット方式は、オンデマンド印刷の印刷方式です。

オンデマンド印刷の特徴やメリット

次に、オンデマンド印刷の特徴やメリットを解説していきます。

オンデマンド印刷の最大の特徴は、データさえあれば一枚からでも印刷できる点です。その為、デザインが少し異なるように、種類が多い印刷物を数枚ずつ印刷したいという要望に対応できます。

また、データがあればその場でも印刷できる方法ですから、納品までが早いのもメリットの一つです。街角の印刷サービスにデータを持ち込めばその場で印刷してくれるイメージです。

  • 1枚からでも印刷できる
  • 多品種・少量の印刷に向いている
  • その場で印刷できてしまうので納品までが早い

オンデマンド印刷の注意点やデメリット

一方でオンデマンド印刷で注意したいのが、色が安定しないという点です。なぜかというと、上下左右2ミリほどのズレが生じやすいので、細かい描写のイラストや写真、細かい文字などはきれいに仕上がりません。

その為、ポスターや写真集といったきれいな仕上がりを求める印刷物には不向きです。

他にも、1,000枚以上印刷するようなケースでは、コストがかさんでしまうと言われています。大量の印刷には不向きと言えます。

  • 色が安定しない
  • 細かい描写や写真などはムラが出てしまう
  • 細かい文字は滲んでしまう
  • 紙の種類や大きさに限界がある
  • 大量の印刷には不向き

オンデマンド印刷とオフセット印刷との違い

次に、オンデマンド印刷と同じように、よく目にするオフセット印刷との違いを解説します。

オンデマンド印刷とオフセット印刷の違いは、オンデマンド印刷が一枚からでも印刷でき短い納期に向いているのに対して、オフセット印刷はきれいに大量の印刷物を印刷できることです。

・オンデマンド印刷 :種類の異なる少量の印刷物を印刷できるが、大量印刷だとコストが高い
・オフセット印刷:大量の印刷物をきれいに印刷できるが、少量印刷には不向き

オフセット印刷は、平板と呼ばれる印刷物の原本を制作する必要があるため、発注からある程度の期間を要します。ものによっては数週間程度かかります。その為、種類が多く枚数が少ないような場合、オンデマンド印刷の方が向いているでしょう。

オンデマンド印刷の用途

オンデマンド印刷の用途としては、すでに説明したように、種類が多く枚数が少ないような印刷をしたい場合にオススメです。

例えば、100枚単位の名刺を数十人分発注したいと言う場合には、多品種少量印刷に強みのあるオンデマンド印刷は活躍します。

また、小さなイベントのチラシや効果を試すために準備する販促物などもオンデマンド印刷が向いているでしょう。

まとめ:オンデマンド印刷の特徴を理解して目的・用途に合わせて利用しよう

ここまで、オンデマンド印刷の特徴やメリット、用途などを説明してきましたが、いかがでしたでしょうか?

オンデマンド印刷は、種類が多く印刷枚数が少ないような場面で活躍する印刷方法です。そのため、名刺のように少しづつ内容が異なる印刷物を数百枚ほど準備したい場合には、注文から納期までが早い点で優れています。

そのため、急な要望にも即座に対応できます。

「上司や顧客から無理な注文をされてしまった」「明日までに資料が必要」というスピード感が求められるときにはぜひ活用したいところですね。

オンデマンド印刷の特徴をうまく活用してみて下さい。