今さら聞けないリーフレットとパンフレットの違いとは?活用方法と作り方

印刷物としてメジャーなリーフレットですがパンフレットやカタログとの違いを明確に知っている人は少ないのではないでしょうか。

この記事では、リーフレットの特徴や他の印刷物との違いを理解し、上手に活用できるようにまとめています。宣伝やお知らせにリーフレットを活用したいという人はぜひ参考にして下さい。

リーフレットとは?

リーフレットとは?

リーフレットとは、一枚の用紙からなる宣伝用の折りたたみ式印刷物です。施設の案内や特定の商品・サービスの紹介をするものとして使われます。

リーフレットは一枚の用紙のみを使って作られているので情報量は限られていますが、特定の情報を伝えられるというのが利点です。そのため、施設マップや防災情報、おすすめの商品やサービスを紹介といった用途では重宝されています。

リーフレットと他の印刷物の違い

リーフレットとよく似た印刷物にパンフレットやカタログなどがありますが、明確に違いを知っている人は少ないと思います。ここからはリーフレットと他の印刷物との違いを解説していきます。

リーフレットとパンフレットの違いは?

リーフレットとパンフレットの主な違いは、リーフレットが1枚の紙から作られているのに対して、パンフレットは複数枚の紙を綴じて作られている点です。また、紙の枚数に伴い掲載できる情報量が違います。

パンフレットは枚数を増やせば情報量を増やすことが出来る一方で、リーフレットは1枚から作られているので、情報量を絞ることが必要です。

情報量が絞られることで自然と伝えるべき内容を明確にすることができるので、読み手に本当に伝えたいことを伝えることができます。

リーフレットとパンフレットの違い

  • ページ数が違う
  • 情報量が違う

リーフレットとカタログの違いは?

リーフレットとカタログの主な違いは3つです。ひとつはカタログが複数枚から作られていること、もうひとつはリーフレットに比べ圧倒的に情報料を多くできる点です。ここまではパンフレットとほぼ同じです。

そして、最大の違いはリーフレットと違いカタログには購入方法の説明や、FAXの注文用紙が同封することが可能な点で、商品を注文できます。カタログは一般的に商品や製品の型番やサイズ、詳細な説明までが掲載されており、発注まで可能ににしている印刷物です。

リーフレットとカタログの違い

  • ページ数が違う
  • 情報量が違う
  • 注文までできる

リーフレットとチラシの違いは?

次にリーフレットとチラシの違いを解説します。

リーフレットとチラシは1枚の紙から出来ている点では共通してです。しかし、リーフレットは折りたたんで使われるのに対して、チラシは折り曲げずに使用されるのが大きな違いです。

リーフレットは特徴のひとつでもありますが、1枚の紙を複数回折って作られます。そのため、掲載する項目を折り目を境目として分けることができるのです。

一方チラシは折り曲げないために、デザインで項目を分けることはできますが、紙全体でひとつのことやサービス、商品について訴求したり宣伝したりします。

また、配布方法にも違いがあります。チラシは新聞折込やポスティングという方法で配布されるのに対して、リーフレットはマガジンラック等に設置され、興味関心のある人が手に取るような方法で消費者に届きます。

リーフレットとチラシの違いは?

  • 折りたたんで使う
  • 折り目を境目に項目を分けられる
  • 配布方法

リーフレットの活用方法は?

他の印刷物と様々な点で異なるリーフレットですが、具体的な活用方法は次のようなケースが考えられます。

  • 特定の商品・製品の紹介
  • ホテルや空港などの施設情報の紹介・案内マップ
  • 防災情報等の伝達

特定の商品や製品を紹介する場面ではリーフレットが活躍します。ひとつの商品に絞っていますから、その特徴やメリット、金額など読み手に伝えたい情報をダイレクトに伝えることができます。

また、ホテルや空港、遊園地やショッピングモールといった巨大な施設の紹介や案内マップとしても活用されています。お買い物や旅行の際に施設情報のリーフレットを手に取ったことがある人も多いことでしょう。

また、地域の防災情報などコミュニティでの連絡事項などを伝える際にもリーフレットは活用できます。

おしゃれで効果的なリーフレットの作り方は?

リーフレットを活用してみたいという人も多いと思いますが、作り方はいたってシンプルです。順番にみていきましょう。

リーフレットのターゲットや目的を決める

先ずはじめに、リーフレットを使ってどんなターゲット(ひと)にどういった目的で伝えるのかを明確に決めましょう。例えば次のような事例です。

・施設に訪れる人に親しみをもってもらいたい
・地域住民の方にわかりやすい避難マップを提供したい
・新規のお客様にオリジナル商品を知ってもらうたい

リーフレットの内容を決める

ターゲットと目的が定ったら、内容を決めます。目的に沿って、リーフレットにどんな内容を掲載したらよいかを検討していきます。

・親しみをもってもらうために可愛らしいロゴを使う
・避難経路をわかりやすくするために写真ではなくイラスト地図を使う
・オリジナル商品の良さが伝わるように既存顧客の声を掲載する

上記のようにどんな内容を掲載するかをより明確にしていくとよいでしょう。

リーフレットの大きさやデザインを決める

最後に、リーフレットの大きさやデザインを決めていきます。

目的や内容が決まっていれば自ずとデザインは決まってくると思いますので、内容までをきちんと検討し決定しておくようにしてください。

ちなみに、リーフレットには代表的な折り方が以下のように7つあります。

  • 二つ折り
  • 巻三つ折り
  • 外三つ折り
  • 観音開き折り
  • 巻四つ折り
  • 巻々四つ折り
  • クロス折り

折り方に関しては印刷事業者やデザイン業者が見本を持っているので、見本サンプルなどを見せてもらうと決めやすくなります

印刷は業者にお任せした方がコスパがいい

リーフレットは自作することもできますし、デザイン事業者などに任せて作ることもできます。

事業者と段階から一緒にリーフレットを制作する場合、印刷費用以外にもデザイン料などが加算されコストは増えていきます。

一方で、ある程度デザインが固まっていたり、既存のリーフレットデザインがあり、印刷するのみである場合には、印刷事業者に印刷してもらうとコストを抑えることが可能です。

特に、100枚以上を発注するのであれば業者のお任せした方がコスパがよいです。用途に応じて業者を活用してみるとよいでしょう。

まとめ:リーフレットと他の印刷物との違いを覚えておこう

リーフレットには他の印刷物と違いより絞られた情報を効果的に伝達できるメリットがあります。施設のブランディングや商品の高級感を演出するのにも一役買ってくれる便利なツールです。

他の印刷物とリーフレットの違いを覚えておくことで、より伝えたいことをうまく訴求できるようになります。ぜひ様々なシーンでリーフレットを活用してみて下さい。