ミラーコート紙とは?特徴・価格・使用上の注意点やおすすめの製品を解説!

印刷用紙にはさまざまな種類があります。

それら用紙にはそれぞれで特徴がありますが、その中でもデザインを美しく表現することに特化した用紙がミラーコート紙です。

この記事ではミラーコート紙の特徴・価格・使用上の注意点やおすすめの製品についてついてご説明していきます。

ミラーコート紙とは?特徴は?

「ミラーコート」とは、製造過程でコート剤が乾かないうちに加熱とともに平滑なドラムを押し当てることによって、強光沢で高平滑に仕上げられた紙のことです。

鏡のようにピカピカ光るように見える特徴があるため、ミラーコートという名称が広く普及しました。


ミラーコート紙とは?特徴は?

印刷発色がとても良い素材であるため、人物や料理の写真が使われたポストカードや週刊誌の表紙などによく使われています。

ただし表面がコーティングされているため、インクジェットプリンタではインクが染み込みにくいことに注意してください。

正式名称はキャストコート紙?

ミラーコート紙の正式名称はキャストコート紙です。

「ミラーコート紙」という名称は王子製紙がもつ商標で、一般的にも印刷業界内的にもキャストコート紙の代名詞的な呼び方として広く普及しています。

ただし呼び方としては「キャストコート紙」が正しいものとなります。

ゴールドとプラチナの違いとは?

キャストコート紙には、両面に強い光沢がある両面キャストコートと片面のみに強い光沢のある片面キャストコートがあります。

このうち片面キャストコートでは、「ミラーコート・ゴールド」と「ミラーコート・プラチナ」という2種類の加工が可能です。

それぞれの特徴としては、ミラーコート・ゴールドは片面が強い光沢で反対面が上質紙のようになり、ミラーコート・プラチナは片面が強い光沢で反対面がグロスコート紙のような仕上りになっています。

ミラーコート紙は耐水性に優れている

ミラーコート紙の耐水性はほぼゼロと考えて良いです。

上質紙仕上げの表面に光沢処理を施しているため、非コート処理の上質紙などと比べて僅かな撥水性が期待できるのみです。

その他のコート紙との違い

その他の紙とコート紙の違いを解説しますね。

マットコート紙

マットコート紙はマット系のコート剤が塗布された用紙です。

ツルツルとした光沢があるもののミラーコートよりは光沢が抑えられている分、ちらつきがすくなく目が疲れにくい特徴があります。

そのため文字の多いデザインなどにも使われています。

アート紙

アート紙は表面にグロス系の塗料がコートされた用紙です。

光沢がありコート紙よりも表面の平滑度が高くて高級感を備えていて、その光沢感はマット紙やコート紙より高くミラーコート紙より低くなります。

またコート紙よりも厚みがあるコート剤が使われていて、塗工量が40g/㎡前後のものをA1アート紙、20g/㎡前後のものをA2コート紙と呼びます。

幅広い印刷や加工に適していて、用途としては図鑑や美術書、一般的なパンフレットやカタログ、販促用ステッカーなどがあります。

スーパーアート紙

スーパーアート紙はグロス系コートを塗布し、アート紙よりさらに光沢・平滑度・白色度などが高い用紙です。

コート剤の厚みがアート紙より厚い40g/㎡以上の用紙のことを指します。

アート紙よりも白色度と平滑度が高く、より綺麗な印刷が可能となります。また光沢はマット紙・コート紙より高く、ミラーコート紙より低いです。

用途としては、高級美術書・写真集・雑誌の表紙・ポスター・カレンダー・カタログなどになります。

ミラーコート紙の価格は?

用紙の価格は「サイズ」「米坪」「連量」「紙厚」などによって異なります。

サイズ 用紙の大きさ
米坪【g/m2】 1平方メートルあたりの用紙の重さ
連量【kg】 ある一定サイズの紙1000枚あたりの重さ
紙厚【mm】 紙の厚さ

またミラーコートの場合はプラチナやゴールドでも価格は違ってきますし、販売会社ごとの違いもあります。

例えば、【王子製紙 ミラーコートプラチナ A4Y目209.3g 1セット(1125枚)】だと13735程です。

スペックは以下の通りです。

サイズ:A4
寸法:210×297mm
紙質:キャストコート紙
坪量:209.3g/m2
厚み:0.211mm
白色度:82.5%
紙目:ヨコ目
連量:180kg
原紙規格:菊判
重量:14.69kg

また【ミラーコートゴールド<110kg>A4(210x297mm)50枚】だと1500円度になります。

ミラーコート紙の注意点は反り返り

ミラーコート紙はラミネートとの相性が良いですが、加工する際は「反り返り」に注意してください。

「反り返り」とはラミネート加工した際に起こる現象のひとつで、ラミネートの反発でシールが反り返ってしまう現象です。

接着剤を使用することである程度の対策は可能ですが、被着体の素材によってはそれでもはがれてくることがあります。

万全を期すなら、コスト上昇はありますがフィルム系素材の使用を考慮することも有効です。

ミラーコート紙はどんな製品におすすめか?

ミラーコート紙が使用されているおすすめの製品は以下のようになります。

・チラシや雑誌
・デジタルカメラの写真印刷用紙
・ポスター
・はがきのダイレクトメール
・雑誌の表紙
・写真集
・紙シールや商品ラベル

それぞれに適した厚さがある場合もあるので、価格も意識しながら目的に合った用紙を選んでください。

目安としては、コピー用紙(約60kg)、チラシ(60~90kg)、ポスター(100~135kg)などになります。
(※kg:印刷用紙を原稿サイズで1,000枚積んだ時の重さ)

まとめ:ミラーコート紙はデザインを綺麗に印刷したい方におすすめ!

ミラーコート紙の特徴・価格・使用上の注意点やおすすめの製品ついてご説明しました。

ミラーコート紙は光沢紙よりも強い光沢感があり見掛けも美しくデザインが映えやすいため、写真などを綺麗に印刷したい場合にはおすすめの用紙になります。

購入する際は目的・価格・注意点などを意識しつつ、選ぶと失敗も少なくなるはずですよ。