紙の種類は無数にある!主な紙の種類と特徴7選をご紹介!

印刷に使われている7種類の紙の特徴

印刷する紙の種類の取り扱いは業者によって異なりますが、一般的な印刷の際に使われることが多い紙は

*コート紙
*上質紙
*マット紙
*アートポスト紙
*クラフト紙
*マットポスト紙
*ケント紙

の7種類です。
ここでは各紙の特徴などをまとめてご紹介いたします。

コート紙は艷やかな光沢がある

コート紙はバージンパルプを原料とした、特殊な薬品を表面に塗布してある紙で、触るとペタペタします。
質感も安っぽくなく、発色性も良いのに一般的な価格なので印刷では多用されます。
特徴は表面が艷やかで光沢があること。色の表現性に優れているので、写真なども綺麗に印刷出来るのも特徴です。

コート紙は写真をたくさん載せる印刷物に使われる

主な使用用途は、ポスターやパンフレット、週刊誌の表紙、カタログなど写真を多く使う印刷物です。 また、耐久性もあるので、折込チラシや告知のポスターでも使われています。
ただし着肉には適していないため、ボールペンなどで書き込みをしたり印鑑を押す印刷物には向いていません。

上質紙は厚みの種類が多種多様

上質紙は上級印刷紙に分類される非塗工紙で、質感はマット紙と同じですが、写真などを印刷するとマット紙よりも色がくすんだ仕上がりになります。
鉛筆やボールペンなどで書き込みやすい、もっともスタンダードな紙です。

厚みの種類が多く、ペラ紙のような薄いものからポストカードのような強度の高い厚みがあるものまで揃っているので、用途幅が広いのも特徴です。

上質紙って何に使われている?

上質紙は、主にノートやコピー用紙で使われますが、厚みのあるものだとポストカードやメッセージカードなどでも使われています。

マット紙は薄くても高級感を出せる

マット紙は、表面にマット系の塗料が塗られている紙で、コート紙とは逆に光沢が出ない仕様になっています。
表面はさらりとしていて落ち着いた雰囲気を出しやすく、光沢感がないので目の負担になりません。

上品な印象が特徴のマット紙は、薄い紙質ですが高級感を演出できます。
マット仕上がりでくすみ感は強いですが、色の再現性に優れているのも特徴で、見た目の質感よりも綺麗に発色します。

マット紙は企業や商品価値を上げたいものに用いられる

高級感を抱かせてくれるマット紙は、本格的な印刷が企業あるいは商品の価値を高めてくれるので、演奏会や美術館などアーティスティックなイベントの案内や、製品によってはカレンダーやカタログなどにも使われます。

アートポスト紙は厚くても細かな部分まで表現できる

表面に光沢があり、適度な厚みがあるのがアートポスト紙です。コート紙と同じく、特殊な薬品が塗布されています。
アートポスト紙の特徴は、写真の表現力に非常に優れているところ。厚みがあっても、緻密な部分まで印刷できるのも特徴です。

アートポスト紙は色の表現が重要な印刷物に用いられる

フルカラーの写真のあるポストカードやDM、商品ポスターやポップに使われることが多いですが、色表現がポイントになるカタログや美術書などにも使われます。

クラフト紙は丈夫な素材だから破れにくい

クラフトパルプが原材料のクラフト紙は、漂白剤を使わずにそのままの紙の色を活かした紙です。他の素材よりも線維が長いので、破れにくい性質を持っています。

特徴は強度が高いこと。小麦粉などの食品包装資材として使われているシーンをご覧になった方もいらっしゃるのではないでしょうか。
単価も安いので、オリジナルの梱包アイテムも気軽に作れるところも魅力です。

安さと強度が必要な紙袋などにクラフト紙は活躍する

強度の高いクラフト紙は、包装紙や紙箱、小物入れのバッグなどに使われます。
オリジナルの名入れや社名、ロゴを入れたりすることでスーベニアバックなどに利用されることもあります。

マットポスト紙はマット紙より強度が高い

つや消し加工がされていて、表面がさらっとした質感に仕上げられているのがマットポスト紙です。 厚みがあるマット紙にあたるのがマットポスト紙なので、同様にくすみ感があり写真の色などの再現はできません。

マットポスト紙は厚みがあるため、マット紙よりも強度が高いのが特徴です。
また、つやがないことで落ち着いた質感に仕上がりで、ちらつきが少ないというのも特徴です。

マットポスト紙は名刺などの写真がいらないものに使われることがある

強度を活かし、写真を使わないポスター印刷に使われることが多いですが、小さいものでは名刺にも使われます。
ただし、独特のくすみ感があり白の発色が綺麗なので、アートタイプのつや消し写真のポスターでは使われることがあります。

表面強度と筆記しやすさのあるケント紙

ケント紙の見た目は画用紙に似ていますが、張りがあり厚みと固さを兼ね備えている紙です。
化合物とパルプを混ぜ合わせて生成された合成紙で、表面の加工はありません。

合成紙で表面加工はないものの、なめらかで透き通るような質感がケント紙の特徴です。
優れた表面強度がありながら、筆記適正も高いという特徴があるので他の紙よりも広い用途に使用できます。

ケント紙はマットポスト紙同様名刺などに使われやすい

厚みがあり強度も兼ね備えているので、名刺に使われます。
また、手書きがしやすく印鑑などの定着性も高いので、会員証やポイントカード、学校で使用する保険カードなどさまざまなシチュエーションで多用されています。

紙選びは印刷物に合ったものを!

印刷物というのは、デザインによって印象が変わるだけではありません。
紙も印刷物の見やすさやイメージに大きく関わっているので、値段だけで決めたり、適当に選んだりすると思うような仕上がりにならないことがあります。紙の性質と印刷物に合ったものを選んでいきましょう。