【普通紙・上質紙・再生紙】それぞれの特徴やメリット・デメリットの違いをご紹介!

普通紙・上質紙・再生紙の違いについて

印刷やコピーに使われる用紙は加工紙と非加工紙の2種類にわかれますが、中でもオフィスなどで多用されているのがパルプから生成しただけの非加工紙です。
非加工紙はさらに普通紙・上質紙・再生紙の3つにわかれていますが、それぞれ特徴やコストが異なるので、用途に合わせて選べるよう基本的な知識を押さえておきましょう。
ここでは普通紙・上質紙・再生紙それぞれの違いやメリット、デメリットについて説明します。

普通紙は最もシェア率の高いコピー用紙

コピーや印刷に使われる用紙のうち、大多数を占めているのが普通紙です。
「普通紙複写機(Plain Paper Copier)」に使われる事から、頭文字を取って別名「PPC用紙」とも呼ばれています。

汎用性が高い事から、日本で最もシェア率の高いコピー用紙として知られています。
ごくスタンダードなタイプの他に、やや厚手でインクジェットプリンターの両面印刷に対応している両面印刷用紙や、紙に色がついているカラー用紙などの種類もあります。

普通紙は資料や通達文書などシンプルなもののコピーに向いている

文字の多いシンプルな文書のコピーに向いています。
発色はあまり良くありませんが、簡単なイラストやグラフ程度なら問題ないので、会議の資料作成や社内向けの通達文書の印刷におすすめです。

利便性が高い一方で耐水性の低さ・画像印刷の不向きがデメリット

用紙の中でも特にリーズナブルなのでコストを抑えられるところがメリットです。
また、たいていのコピー機は普通紙に対応しているため、機種を選ばずに利用できるのも利点です。

文字の印刷には適している一方、印刷品質自体はあまり高くないため、画像印刷には向いていません。
また、耐水性が低いので、湿気の高いところに置いておくと印刷がにじんだり、紙がよれたりする可能性が高くなります。

上質紙は印字がきれいに反映される質の良い用紙

上質紙は化学パルプを100%使用して作られた用紙です。
表面にコーティングが施されていないため、インクジェットプリンターやレーザープリンターの印字をきれいに再現することができます。

表裏ともにコーティングされていないため、印刷やコピーだけでなく、ボールペンなどを使って直接文字を書き込むのにも適しています。
パルプ比率が高いので、コーティングを施した用紙に比べると紙にコシがあり、強度も高いところが特徴です。

上質紙は薄さによってチラシから名刺まで幅広く適している

上質紙は印字に適している事から、雑誌やチラシ、ノートなどさまざまな用途に活用されています。
特に厚手のものは名刺などに使われる事もあり、ビジネス面でも重宝される用紙です。

表面強度が高いものの紙詰まりのしやすさとインクにじみが難点

コピーやプリンターに適した普通紙に比べると筆記適性があり、直接文字を書き込んでもにじみにくいのが特徴です。また、表面強度が高いため、オフセット印刷などにも利用できます。

単純な印字はきれいに仕上がりますが、表面にコーティングが施されていない分、写真を印刷するとインクにじみが発生する事があります。
厚みやコシがあるのでプリンターの機種によっては紙詰まりを起こしてしまう可能性があります。

再生紙は環境に優しいエコ用紙

古新聞や古雑誌などの古紙をほぐして繊維状にしたものをすき直して作った用紙です。
資源や環境問題に少なからず貢献できる事から、近年は国や官公庁からも再生紙の使用が推奨されています。

古紙がわずかでも混じっていれば「再生紙」と定義されますが、リサイクル率の高い日本では古紙配合率が70%を超えている物が少なくありません。
再生紙の原料となる古紙にはインクなどの不純物が残っているため、古紙配合率が高ければ高いほど用紙に色がつきます。

再生紙は環境に配慮しつつ普通紙に近い質感で印刷したい時におすすめ

近年は再生紙のコーティング技術が飛躍的に向上し、比較的普通紙に近い質感に仕上がっています。
そのため用途も幅広く、書籍や教科書、雑誌などに用いられる事が多いようです。

資源を大切にできるが耐久性に問題がある

再生紙のメリットは本来なら廃棄されてしまう古紙をリサイクルできるところです。
単純にごみを減らせるのはもちろん、バージンパルプの使用量を減らす事で森林資源の節約につながります。

環境に優しい一方で、古紙をリサイクルするには、分別や祭壇、インキの除去などさまざまな手間がかかるため、生産コストは他の用紙に比べて割高になります。
また、古紙を使っているぶん、印刷適性や耐久性は他の用紙に比べてやや劣ることから、再現性を重視する場合や長期保存を目的とする場合は不向きです。

印刷やコピーに使う用紙は目的に合わせて選ぼう

印刷やコピーに使用する用紙にはさまざまな種類があり、それぞれ特徴やコストに違いがあります。

最もシェア率が高いのは普通紙ですが、書き込みを行う場合や環境の事も考えたいという場合は上質紙や再生紙の利用も候補のひとつになるでしょう。
印刷やコピーの目的が多岐にわたる場合は、複数の用紙を常備してシーンごとに使い分けるのもおすすめです。