反響が出る?ポスティングの3つの効果と確認方法!改善方法も紹介

チラシなどを使うポスティングは、手間やコストを抑えて多くの人に情報を伝えることができる手軽な宣伝方法です。

ただし、絶対に成果が出ると約束できるものではなく、大きな効果や反響を得るためにはいくつかのポイントを知っておく必要があります。

この記事ではポスティングの効果や反響の確認方法、充分な効果が得られないときの対策について解説していきます。


反響が出る?ポスティングの3つの効果と確認方法!改善方法も紹介

ポスティングとは?

ポスティングとは、住宅や事業所などのポストに宣伝目的のチラシやビラ、カタログなどの印刷物を直接投函する行為です。

内容は「商品の販促」「サービスや情報の周知・収集」などがあり、紙媒体であるため配布時にもかさばりがなかったり、広範囲に投函できたりするなどの特徴を備えています。

また、地域やターゲット層を絞って確実に配布することもできるので、折り込み広告などと比較しても自由度が高く、効率のよい方法となります。

ポスティング3つの効果について

ポスティングには配る側にも受け取る側にも、さまざまな効果があります。
効率性や人間心理などを利用することで、その効果を最大限まで高めることも可能です。

以下に、ポスティングの代表的な効果を3つ挙げてみます。

コスト安なのでコスパが良い

ポスティングの費用は、チラシなどの紙媒体にかかる印刷代と人件費です。
ネットで印刷を依頼すれば印刷代を抑えることもできますし、ポスティングは自分で行うことで人件費を抑えることもできます。

コストパフォーマンスの良さは、ポスティングの大きな魅力のひとつとなります。

見てもらえる確率が高い

多くの人は、ほぼ毎日ポストの中を確認します。
新聞・郵便物・チラシ・広告などが入っていれば、とりあえず手に取って確認し、必要なものと不要なものに分けることも多いはずです。

ポスティングは、この人間心理を大いに活用しています。

ポスティングで重要なのは、配布物を見てもらうことです。
見てもらえさえすれば、必要なものと判断される可能性が上がり、そこから反響が上がったり保管してもらえたりします。

ポスティングは新聞などの折り込み広告などとは異なり、認知されやすく効果につながりやすい宣伝方法なのです。

いつでも見ることができる保管率の高さ

上記でもお伝えしましたが、ポスティングされたチラシは、目に触れられる可能性がとても高くなります。

受け取り主にとって必要性の高い情報であれば、すぐに反応するあることもありますし、今すぐでなくとも後々必要になると感じて保管することもあります。

チラシはテレビCMやインターネット広告とは異なり、半永久的に残すこともでき、数年後に反応が来ることもあるのです。

ポスティングは、即効性と遅効性の両方が期待できる効果的な方法になります。

ポスティングの効果を確認する方法

ポスティングは配布後に、必ず反応や効果を測定しなくてはいけません。
チラシを配っただけでは効果の程を知ることができず、成果の改善や最大化が望めないためです。

効果を知るための測定方法には、「チラシに割引クーポンなどをつける」「チラシから専用サイトへ誘導する」「フリーダイヤルを掲載する」などがあります。

それぞれ、「クーポンの特定店舗へ持参で割引適応」「QRコードなどから専用ページやSNSへの誘導」「負担がないフリーダイアルで相談窓口を設置」といった仕組みを使い、反応がどの程度あったかをみることで、ポスティング後の効果を知ることができます。

ポスティングの効果を高める3つの方法

ポスティングは、さまざまなテクニックで効果を高めることができます。

知力・体力・時間を使う上、地道な作業になりますが、その分取り組みやすい方法が多いので長い目で作業していくことが大切です。

しかしながら、ポスティング後に思うような反応が得られなかった場合は、効果を高めるための改善が必要になります。

そんなときに試す方法が、以下の3つになります。

①ターゲティングの見直し

提供したい商品やサービスと、ユーザー層のマッチングはとても大切です。

ユーザーには年齢・性別・居住地など、さまざまな要因が備わっています。
より高い反応率を得るためには、多くの顧客が求めている広範囲の総合情報よりも、深く狭い限定的な情報を求める顧客を意識することが大切です。

例えば「やせたい人」だと膨大な人数になりますが、「ジムに通ってやせたい人」や「サプリでやせたい人」などの方法で限定していくと、ターゲットが絞られていきます。

深く狭い情報に限定するほど、ユーザーは少数で濃い層となっていくのです。

②宣伝文やデザインの変更

チラシの宣伝文やデザインを、ターゲットの感性と一致させることはとても大切です。

宣伝文では長さや文字の大きさを意識し、読みやすい文章に仕上げないと読んでもらえません。
またキャッチコピーでも、文体・大きさ・色・配置箇所などで、見やすさは大きく変わるので注意してください。

ポスティングしたチラシは、読んでもらえない限り効果がありません。一目見ただけで、内容が伝わるような宣伝文やデザインが望ましいです。

③配布エリアの再検討

ポスティングするエリアに、その商品やサービスへの充分な需要があるかを知ることはとても大切です。

例えば居住者の大多数が若年層であるエリアに、高齢者向けの商品のチラシを配布しても反応が全く得られないのは当然のことです。

その商品が、そのエリアで必要とされているのかを調べ、充分な反応が得られそうもない場合はエリアを再検討し、そこで再びポスティングを行っていく必要があります。

まとめ:ポスティングの効果絶大!低いと感じたら対策を練ろう

ポスティングは、低コストで最大限の効果を得ることができるマーケティング手法です。

ただし、提供したい商品やサービスと、そのターゲットの感性が一致していないと希望通りの結果を得ることはできません。

ポスティングで反応が乏しかった場合は、配布エリアやチラシのデザインを再検討し、再びポスティングを繰り返すことで反応率を高めていく必要があります。

地道な作業であっても、長期的な目線で根気強く取り組んでいくことが、成功への一番のコツとなるはずです。