加工について

折り加工について

折りの対応サイズ・種類

対応できる折りのサイズ
下記項目についてご了承下さいませ
  • ●用紙・サイズによりお受けできない場合がございます。
    ご注文フォーム「オプション選択」の画面でご確認下さいませ。
  • ●紙の目(たて目・横目)のご指定はお受けできません。
    110kg以上の用紙では、折り目に紙の割れが出る場合がございます。
    ご不安な方は、商品「折りパンフレット」からご注文の上、紙割れ防止加工のオプションをご選択下さいませ。
  • ●マット系の用紙でベタ印刷が含まれる折加工では行程上で若干の折汚れや擦れ傷等が出る事があります。
  • ●折位置については若干のズレが生じる場合がございます。
対応できる折りのサイズ・種類
加工 センター
二つ折り
二つ折り
(短辺折り)
二つ折り
(ずらし折り)
二つ折り
(短辺ずらし折り)
巻三つ折り 巻三つ折り
(ずらし折り)
Z折り
センター二つ折り 二つ折り(短辺折り) 二つ折り(ずらし折り) 二つ折り(短辺ずらし折り) 巻三つ折り 巻三つ折り(ずらし折り) Z折り
対応
サイズ
B6~A1 A5~A1*1 B6~A1*2 A5~A1*3 A5~A1 A4~A1*4 A5~A1
加工 片袖折り
(ずらしZ折り)
十文字四つ折り 十文字四つ折り
(短辺折り)
巻四つ折り 巻々四つ折り DM六つ折り 観音折り
片袖折り(ずらしZ折り) 十文字四つ折り 十文字四つ折り(短辺折り) 巻四つ折り 巻々四つ折り DM六つ折り 観音折り
対応
サイズ
A5~A1 B5~A1 B4~A1*5 B5~A1 B5~A1 B4~B2 B5~A1
加工 開き観音折り 外四つ折り 外五つ折り 外六つ折り 外七つ折り 外三つクロス二つ折り 巻三つクロス二つ折り
開き観音折り 外四つ折り 外五つ折り 外六つ折り 外七つ折り 外三つクロス二つ折り 巻三つクロス二つ折り
対応
サイズ
B5~A1 B5~A1 A4~A1 B4~A1 A3~A1 B4~A1 B4~B2
加工 外四つクロス二つ折り 巻四つクロス二つ折り 外五つクロス二つ折り
外四つクロス二つ折り 巻四つクロス二つ折り 外四つクロス二つ折り
対応
サイズ
B3~A1 B4~B2 B3~A1
*1 A5(最小148×149まで) ~ A1 (最大594×595まで)
*2 B6(最小128×148まで) ~ A1 (最大594×841まで)
*3 A5(最小148×149まで) ~ A1 (最大594×595まで)
*4 A4(最小210×211まで) ~ A1 (最大594×841まで)
*5 B4(最小257×258まで) ~ A1 (最大594×841まで)
短辺折りについて

通常の折りは、長辺を折ります。短辺折りは、短い辺を折ります。

ずらし折りについて

ずらし折りとは、通常仕上りの幅を合わせるところをずらして、他の面を見せる折り方です。
ずらし幅につきましては、用紙やサイズによりお受けできない場合もございますので、ご入稿後にご相談させて頂く場合がございます。

ずらし巻き三つ折り

ずらし巻き三つ折りには、二つのパターンがあります。

パターン1
パターン2

片袖折り(ずらしZ折り)

長い辺を真ん中で二つに折った後、片側を真ん中で二つに折ります。

紙割れ防止加工について

110kg以上の紙厚の場合、バックが濃い色をお使いですと、折り目に紙の割れが出ますので 紙割れ防止オプションがオススメです。
※観音折り、外四つ折りは機械仕様上、現在対応しておりません。

折りデータ作成の注意(よくある間違い)

天地の向きに気をつけましょう

下記は、弊社スタンプカード「TW型」「YW型」を用いた例です。
印刷は、データ上の天地が基準になります。(※絵柄の天地ではございません)
タテ型に横レイアウト、ヨコ型に縦レイアウト、わざと表裏で天地を逆さまにするデザイン、などは向きを間違えやすいので、ご入稿前にご自身でプリントして貼り合わせテストを行って下さいませ。
天地向きがお客様の意図しない仕上りになったとしても弊社では保証対象外となります。

表裏のご指示に気をつけましょう

巻き三つ折り・観音折りに関する注意点

巻き三つ折りは、加工の都合上、等分割で折る事ができないので、中に入る面を他の面より 2~3mm短くして折ります。

そのため、データ作成時に上記の事を想定してデザインしていただく必要があります。
下記にはそれぞれのサイズと、理想的な折りの送り数値を表してありますので、データ作成時に お役立て下さいませ。

チラシ・フライヤー オプション:巻き三つ折り

長3封筒に入るサイズになります。

広げたサイズ 表紙 真ん中 中に入る面
A3(420×297) 141 141 138
B4(364×257) 122 122 120
A4(297×210) 100 100 97
B5(257×182) 86.5 86.5 84

*単位は全てmm

折りパンフレット6P 巻き三つ折り
仕上サイズ 広げたサイズ 表紙 真ん中 中に入る面
A4 627×297 210 210 207
B5 543×257 182 182 179
A5 441×210 148 148 145
B6 381×182 128 128 125

*単位は全てmm

その他、観音折り、巻き巻き四つ折り等も同じく、内側に入る面を2~3m短くして作成して下さい。
データ作成にはテンプレートをお使い頂ければ簡単です。

観音折りに関する注意点

観音折りも、加工の都合上、等分割で折る事ができないので、中に入る面を他の面より2~3mm短くして折ります。
そのため、データ作成時に上記の事を想定してデザインしていただく必要があります。

下記にはそれぞれのサイズと、理想的な折りの送り数値を表してありますので、データ作成時にお役立て下さいませ。

チラシ・フライヤー オプション:観音折り
広げたサイズ 折りの送り数値
A3(420×297) 104×106×106×104
B4(364×257) 90×92×92×90
A4(297×210) 73×75.5×75.5×73
B5(257×182) 63×65.5×65.5×63

*単位は全てmm

折りパンフレット8P 観音折り
仕上サイズ 広げたサイズ 折りの送り数値
A4 836×297 208×210×210×208
B5 724×257 180×182×182×180
A5 588×210 146×148×148×146
B6 508×182 126×128×128×126
A6 416×148 103×105×105×103

*単位は全てmm

観音折り+パンチ孔開け加工の注意事項

観音折りに追加できるパンチ孔開け加工は、JIS 規格のパンチ孔開け加工になります。
印刷、加工時のズレが出る可能性がありますので、穴の位置がかぶらないように、
A とD は、B、C より18mm 以上短くしてください。

その他穴あけ加工注意事項はコチラ

冊子について

無線とじ表紙の作り方

無線とじの場合、背厚ができますので、表紙は背厚を含めたサイズでご作成ください。

補足
  • ・バックが白の場合は、単ページでご作成いただいても構いません。
  • ・無線とじのテンプレートはご用意しておりません。ご了承下さいませ。

※背表紙が白でよろしければ、その旨を備考欄にご記載くださいませ。
(又は、データに背表紙分の厚みを含めて表紙をご作成ください)ご記載ない場合、背表紙があると判断いたしますので、データ不備となります。

背文字を入れる際のご注意

背幅から文字がはみ出したり、背幅ギリギリに文字を配置しないようにしましょう。

H2-H3ご作成時のご注意

h2-h3に全面印刷される場合、h2-h3の間の背厚部分(背表紙の裏側)は、白にして下さい。
製本時の糊づけが出来なくなります。

背厚の計算方法

本文のページ数 ÷ 2 × 用紙の厚さ

で割り出せます。
mm単位で、0.5mmのズレは許容範囲とさせていただきまして、
0.5mm未満をを切り捨てか、0.5mm以上は繰り上げてお考えくださいませ。

例 )
本文54P 本文の用紙が上質70k(0.10mm)の場合
54÷2=27 27×0.10mm=2.7mm 小数繰り上げで、背厚は 3mm
となります。

無線とじのご注意

見開きのご注意

無線とじは、ページを開いてものり付け部分までは開いて見ることができません。
従いまして、見開きの絵柄は、のど側が見えにくくなります。

※ページ数や紙の厚さで開き方に差が出ます。ページ数が多いほど、隠れる部分が大きくなります。

ノド小口

専門用語で、とじる側と開く側の呼び方があります。知っていると便利です。

無線とじデータのご入稿

本文は単ページでご作成 + PDFファイルをご入稿下さいませ。
表紙は上図のように見開きでご作成下さい。
Illustratorをお持ちでない方、背景が白であれば、表紙も単ページでご作成下さい。
白ページが入る場合、白いページもご作成下さい。
また、ページ順、ノンブルが間違っていないか、ご入稿前に必ずご確認下さいませ。

本文はPDF限定ですが、表紙はeps、ai、pdfいずれもお受けできます。

ノンブルについて

ノンブルとは、ページの順番を表した数字の事です。
ノンブルが間違っていた場合でも、弊社では免責となりますのでお気をつけ下さいませ。

中とじの作り方

中とじの構造

中とじは、用紙を重ね、折った部分の真ん中にステッチ留めを施す製本方法です。
常に用紙1枚につき4ページ分のページが発生するため、
中綴じは常に4の倍数ページで構成されます。
(8ページから中とじ、4ページは折りパンフレットになります)

中とじのページ作成時ご注意

「単ページ」「見開き」「対向」いずれかの型でご作成→PDF形式で保存→1ファイルに結合してご入稿下さい。*型が混在している場合は不備となります。
以下は、8ページ左とじの例です。

中とじの作り方

結合ファイルは、結合されたページ順に印刷されます。
結合時、ページ順が入れ替わらないようご注意下さいませ。


天とじの注意

表4の向きは当社判断とさせていただきます。
※同一、類似データでも別案件では向きを統一できる保証はさせていただいておりません。あしからずご了承くださいませ。
表1_表4を上図のような見開きでご作成頂ければそのままの配置で進行させて頂きます。

商品「同人誌表紙フルカラー印刷」について

こちらの商品は、お客様の方で製本される事を想定しております。
従いまして、製本作業に必要な「トンボ」を残して納品させて頂く事が前提となります。
ただし、オプションでトンボを残さず「仕上りサイズで断裁」をご選択頂くことも可能となっております。


・トンボ残しご希望の場合は、オプション画面で「トンボを残して納品」をご選択ください。
・「トンボ残し」をご選択の場合は、必ずデータにトンボをご作成下さい。
  「トンボ残し」ご選択の場合でデータにトンボがない場合はデータ不備になりますのでお気を付けくださいませ。
・トンボは展開サイズ(見開いた時の仕上りサイズ)に対してのトンボをご作成下さい。
・仕上げサイズで納品ご希望の場合は、オプション画面で「仕上りサイズに断裁して納品」をご選択ください。

商品「スクラム製本」について

こちらの商品は、新聞のように間にページを挟み込んで製本します。
(ホチキスは使用しません。)
6~16ページまで対応。(14ページは対応しておりません。)

ページの順番は以下のように、挟み込むページも含めての順番でお願いします。
ファイル名の付け方によりページ順が不明な場合は進行出来ませんのでお気を付けください。



※挟み込むページは、製本機の種類によって幅が2mm程短くなる事があります。

その他加工

※パック印刷では紙の目(たて目・よこ目)を指定できません。
※マット系の用紙でベタ印刷が含まれる折加工では行程上で若干の折汚れや擦れ傷等が出る事がありますご了承下さい。

ミシン加工のいろいろ

ミシンには、紙の端から端まで突き抜ける通常の「ミシン」と紙の途中まで入れる「ジャンプミシン」があります。
2つの種類は別々の納期加算になり、オプションの単価も別々での計算になります。

ご指示の出し方

・ミシンの入る位置に、目印となる「ミシン用トンボ」をご作成下さい。
 K100の線で構いません。

Photoshopの場合


・裏面はミシン位置が反対側になります。お気をつけ下さい。

Photoshopの場合


・ミシンは1mm 前後のズレが出る場合があります。
 欠けてはいけない文字は、ミシンの位置より2mm 以上離して下さい。

Photoshopの場合


・ジャンプミシンの場合

Photoshopの場合
Photoshopの場合

筋押し(スジ押し)

弊社で扱っている220k位までの厚さの紙では、一般的に山折にする面が凹みます。
※お渡し形態は、筋入れのみの平判渡しとなります。

筋押し(スジ押し)
センター以外への筋押し指示の出し方
筋押し(スジ押し)
筋押し(スジ押し)

ナンバリング指示の出し方

ナンバリングのご指示は、下記のような形で(jpg等で指示データ)を下さいませ。
下記のようなデータが作れない方は、テキストデータでご指示を下さいませ。

  1. ⑴ 桁数、何番から何番まで
  2. ⑵ 頭に「No.」と付けるか否か
  3. ⑶ ゴシック体or明朝体(*フォントの種類は選べません)
  4. ⑷ 文字の大きさ(正確な大きさではありませんので、目安で結構です)
その他注意事項

※ナンバリングの位置は天地左右に多少のズレが出ます。
※字間の詰め等イメージ通りにならない場合がございます。(下記例1)
※文字色は黒のみになります。
暗い色の背景に白抜き文字を設定された場合、仕上りの保証は致しかねます。(下記例2)
※斜めにナンバリングを入れる事はできません。
※両面にナンバリングをご希望の場合は、片面の倍額になります。

注意事項(アタリについて)

データに穴位置を実線またはオブジェクトで配置されると、それがそのまま印刷され、実際の穴の位置とズレが出ますので、穴の位置は、ガイドか見本用のデータ(jpg等)を別でご作成下さいませ。

注意事項(文字カブリについて)

穴の位置が文字にかからないようご注意ください。文字が欠けてしまいます。
※文字欠けは、弊社でも気付かずに進行した場合、免責とさせていただきます。

ご指示の出し方 その① 2穴

2穴は、180kg以上の厚紙チラシ、折りパンフレットのみ対応です。
下図のJIS規格外の穴あけをご希望の場合、以下3点をご指示下さいませ。
特にご指示がなければ、JIS 規格(下図のサイズ、位置)で進行いたします。

ご指示の出し方 その② 1穴

1穴も180kg以上の厚紙チラシのみ対応です。
1穴にはJIS規格はございません。以下2点をご指示下さいませ。

ご指示の出し方 その③ 中とじ

中とじは2穴のみです。のどからの距離のみ変更が可能です。
特にご指示がなければ、JIS規格(下図の位置)で進行いたします。

ご指示の出し方 その④ 商品タグ

シール印刷

シール印刷は凸版方式になりますので、厳密な印刷ができません。
印刷の色数も、墨のみか、墨+特色1色の2色印刷になります。

特色のご指示の出し方
仕上り線(カットパス)の作り方

角丸、楕円の場合は、仕上り線(カットパス)が必要です。仕上り線は別レイヤーでご作成ください。

注意事項

ベタの中に白抜き
印刷時、空気の逃げ場がないので、白抜きのまわりにもやができる。

その他注意事項
  • ·細かい文字、絵柄は潰れてしまう可能性があります。
  • ·凸版印刷なので、平アミ、グラデーションは対応できません。
  • ·他の印刷物同様、文字絵柄は仕上り位置より3mm以上内側に配置してください。欠けてしまう恐れがございます。
  • ·特色は、DIC(1~654)+(2001~2638)に対応。
  • ·日本の伝統色(N-701~1000)、中国の伝統色(C-1~320)、フランスの伝統色(F-1~322)は対応できません。
面積の求め方

シールは、どのような型でもタテ×ヨコで出た面積でのご注文になります。

角丸加工について

弊社では、以下の商品に、オプションで角丸加工が追加出来ます。
「名刺・ショップカード」「3号(女性用)名刺」「診察券」「スタンプカード」
角丸のR(半径)は、3R(半径3mm)限定です。データ上でのご指示は特必要ございません。

印刷、加工時に多少のズレがでますので、以下のようなデザインは推奨致しません。

スタンプカードでは、開いた状態で角丸加工されます。